敏感肌の悩みは化粧品の力で改善|スキンの悩みを解決だ

ウーマン

綺麗な素肌になる

化粧品を持つ女性

ビタミンc誘導体は様々な肌トラブルを解消してくれる、優れた美容成分です。普段のスキンケアにプラスする事で、今まで抱えていた肌の悩みを解決し美しい素肌へと変えてくれます。ビタミンc誘導体でいつまでも若々しい素肌に変わりましょう。

Read

肌が喜ぶオールインワン

美容液

オールインワンゲルは様々な美容成分を含む、万能化粧品です。その中でも敏感肌でも安心して使えると評判なのがメディプラスゲルです。温泉水が配合され潤い効果が高いことも人気の理由で、乾燥肌に悩む人にもおすすめです。

Read

肌トラブルに気づいたら

手

女性ホルモンと肌との関係

子どもの頃から20代、30代にかけて肌に何のトラブルも起こらないまま過ごしてきたような場合、自分の肌は健康肌なのだとすっかり安心してしまうことがあります。このような人は多いのですが、40代、50代に入ってから肌質が変わってしまうことは多いので注意する必要があります。30代頃までは女性ホルモンが活発に分泌されています。女性ホルモンは女性の骨や血管を丈夫に保つ役割を果たしていることが知られていますが、それだけでなく肌の健康にも大きな影響を及ぼしています。女性は45歳ぐらいから更年期を迎える人が多いので、40代以降は女性ホルモンの量やバランスに大きな変化が起こってきます。それが原因で敏感肌に変わる女性も多いのです。

健康肌と同じではNG

自分が敏感肌になっているかどうかの目安のひとつとして、ホコリや花粉などがついたときの肌の反応が挙げられます。最近肌が何となくかゆいと感じてポリポリと掻くことが多くなっていることに気づいたら、敏感肌になっている可能性が大いにあるので化粧品を見直してみる方がよいでしょう。健康肌の人が普通に使用する化粧品には、敏感肌用の化粧品と比べるとたくさんの添加物が含まれています。それらは肌が健康でバリア機能が問題なく働いているときには使用してもトラブルを起こしませんが、敏感肌の人が使用を続けると肌荒れがひどくなる原因となります。大気汚染問題やアトピー・アレルギー体質の人の増加によって、最近は敏感肌の人にも使いやすい化粧品が多数出回るようになりました。敏感肌の人はそうした肌への刺激の少ない化粧品を選びましょう。

育毛でキレイな目元に

化粧する女性

まつげが少なくなってきたと感じたら育毛剤を使用しましょう。まつげ専用の育毛剤があるので、根元にたっぷりと使用してください。毛のサイクルを整えることが出来ますし、健康で強いまつげを育てるのにも効果があります。

Read